豊胸手術で合併症が・・・

豊胸手術で合併症が・・・の情報ページです。
※元美容整形外科勤務の看護師が業界を敵に回す覚悟で暴露!

モニター203名全員が、何と平均2カップアップ・・・

メスを使わない、サプリメントも飲まない
超自然な豊胸術とは?

>>2カップアップする、メスを使わない豊胸術を
>>知りたい方はココをクリック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がしかし!!本当の本当の本当の事を言うと・・・

⇒ 整形外科の裏側を知ってしまったからです。

美容整形外科への反感、もっと言えば、セクハラをされた先生への反逆!


もし、豊胸手術をお考えの方がいらっしゃったら、
ちょっと待ってください。


ここではっきりと、ご忠告します。


「美容整形外科の手術は、ミスや失敗が多い。」
って事は、すでにご承知の事と思います。


なのに何故、そのリスクを背負って、さらに大金を
払ってまで手術を受ける必要があるのでしょうか?


それだけ女性にとってバストが大切であり、バストに
拘りを持っているからこそ、自分のバストにコンプレッ
クスを抱え、大きなリスクを背負ってまでコンプレックスの克服を夢見るのです。




そんな女性の弱みに付け込んでいるのが、美容整形外科なのです!


今、美容整形やエステなどで流行の光を当ててバストアップさせる方法は、ヤケドをする人が増えてきているため、その安全性も疑問視されています。

それほどのリスクを抱えながら15回ほど通って1カップ大きくなる程度・・・。

その上、費用もかなりかかる。

メスを使用する場合は、実際にカップアップは自由に可能です。
しかし、第一に費用が高額です。又、失敗は絶対無いとは言い切れません。

私はこの目でそれをも見てきたのです。失敗した場合は、胸の形はゆがみ、更に痛みも伴いそれはかわいそうです。

現在はシリコンの変りに、自分の脂肪を吸引でとり、それを注射で注入する方法やバック(スーパーソフト・コヒーシブジェル)を入れてより自然になるようなものもありますが、脂肪注入はいずれ体内に吸収される恐れがあるし、バックは絶対破れないと言い切れないのです。


又、プエラリアをはじめとするサプリメントは、副作用が強いため、ホルモンバランスを
崩しやすい。



もう危険な事は、やめにしませんか?




>>2カップアップ!メスを使わないで、
>>胸を大きくしたい方はこちらをクリック




もともとバストが小さくてコンプレックスをもっている人、
また出産後、バストが小さくなってしまった人など、
バストで悩んでおられる方は、様々です。

その理由に・・・

「小さい胸だと、洋服がうまく着こなせなかったりして洋服を選ばなければいけない。」

「水着になるのがイヤ・・・」

「好きな人が、胸の大きい人が好きだと言った。」
その悩みも様々です。

女性であれば、小さいバストに対しては根深い悩みを抱えてしまいますよね

しかし、その悩みの解決に、体にメスを入れたり、サプリメントを飲用したり
リスクを覚悟で行うバストアップ方法は最終手段にして欲しいのです?

私は元、美容整形外科に勤務していたので色々な豊胸手術にも立ち会ってきました。

ですからここではっきりご忠告を致します。

豊胸手術は成功すれば、自分の理想のバストのサイズを手にする事ができます。しかし、やはりナチュラルでないのも事実です。要するに、いくら技術が上がったと言っても整形しているのは分かると言うことです。

又、手術の失敗も目の当たりにしてきました。

そこで、私黒谷は業界のクレーム覚悟で美容整形外科の裏話を公開いたします。

誤解しないで頂きたいんですが、なぜ私がここで美容整形外科の裏話をあなたに公表するのか?この商品を買って欲しいからではないんです。

それは、美容整形外科の成功例ばかりがあげられて、失敗した時の事をほとんどみんな知らないんです。又、カウンセリングの時、失敗例を公表する事が無いのがほとんどなんです。

私は、当時その事についても、いつも疑問を持っていました。

『失敗の可能性もある事、失敗した場合どんな症状が発生するか』など
しっかり患者さんに告知した上で、手術に踏み切るかどうか判断をして頂く
べきだと思っていたのです。

手術の失敗の少ない普通の病院でさえ、手術する際には、先生が患者さんに手術内容や術後の事をしっかりカウンセリングして、手術に踏み切っていますよね。

その病院より、手術が失敗する確立の高い美容整形外科が、その事を話さないのです。悪く言えば、利益重視だから、マイナスな部分には触れないと言う事ではないでしょうか。

もちろん全ての美容整形外科がそうとはいいませんが、私が見てきた美容整形外科業界はそんなクリニックが多いのは事実です。

一例をあげるとこんな事がありました。

豊胸手術を行った患者さんから夜、『手術部分が腫れて、痺れるんですが、時間外で今から見て頂けないでしょうか?』との電話がありました。当然夜中ですから先生は帰宅されていて、大手の美容整形外科では、時間外の対応は、先生ではなく受付の事務職の方が交代で勤務しています。

ですから、その患者さんと先生が直接話をする事はなく、受付担当者が一旦先生に電話を掛け、伝言しているのです。その受付担当者さんは看護師さんではないですよ。現場の実務経験の無い事務職の方ですよ!!

それで、先生から受けた指示が、『患部をまず冷やして様子を見てください。そして、どうしても腫れ・痺れがひかないようなら、明日クリニックに来てください』でした。

患者さんも、それでは納得せず長時間話を受付の方としていたようですが、結局患者さんが折れた格好で、受話器を置いた様です。結局先生に電話を掛けたのは、最初の一回のみで、後は受付の方が全部応対をしていました。

この患者さんは、結局、腫れも・痺れもおさまらず、次の日来られました。
原因は、『合併症』でした。大惨事にならかった物の、痺れがなくなるまでに約1年の月日を必要としてしまったのです。

何が言いたいかといいますと、受付の方は、クレームの担当者だということです。
私は、この状況を見て愕然としたんです。

今まで、美容整形外科は、患者さんの夢を叶える所だと思っていました。しかし、この状況を見て本当にがっかりして、不信感を持ってしまったんです。

通常病院であれば、患者さんからの電話は、現場の実務経験のある看護師さんが受け、更に患者さんが再診察を必要としていれば、時間外でも先生が緊急で見てくれるはずです。それを、医療より不安要素の残る美容整形外科の、術後の対応の仕組みのお粗末さに、利益重視が見え隠れしていると確信してしまったのです。

ここで、誤解を覚悟で告知しておきます。

●美容整形外科の仕組みは、患者さんの事を思った仕組みではありません。
●美容整形外科のカウンセリングでは失敗の事はほとんど話をしません。

私は、以前この業界に身を置いた人間として、美容整形外科の裏側を公開
する事により、良いも悪いも分かった上で、どの豊胸術を選択するのがあなたに
とってよりベストなのか考えて欲しいのです。悩みを解消する為に行った手術で、更に悲しむ人の顔を想像したくないのです。

安易に、すぐ大きいバストを手に入れたいから、手術すると考えないで欲しいんです。

豊胸手術は良いも悪いも含めて覚悟を決めた最終手段と考えて欲しいんです。

まず、ご自分で出来ることが必ずあります。

では、ここでお話しする最後として、以前美容整形外科に勤務していてわかった、豊胸手術の現状と術後に起こる可能性があるリスクで多いものを記載しておきますね。



>>2カップアップ!メスを使わないで、
>>胸を大きくしたい方はこちらをクリック




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。